ひのきの箱【加工について〜】

加工について
DSC_0242

底板は「本ざね加工」で板を繋ぎ合わせています。板の端をそれぞれ凸と凹に加工して繋ぎます。

本ざね加工

箱の強度を増すために、角には2ヶ所ずつ「かんざし」と呼ばれる薄い板を入れてあります。

箱の角に切り込みを入れます
かんざしを差し込む切り込み
今回は桜の木をかんざしに使いました
タイトルとURLをコピーしました